Fulte〜フルート〜

【フルートパートの紹介】

◎フルートによる楽器別人間学
  〜鎌吹のフルートパートは、どんな性格でしょうか??〜

 ♪フルートの音色って、優しいイメージがあるよね。フルートを吹いていると、なんだか優しい性格になってしまうみたいです。

 ♪フルートって、誰でも知っている人気楽器なんです。学生時代は、競争を勝ち抜いてフルートパートの座を手に入れることも
   多かったはず!?優しい性格だけど、芯は強いのです。

 ♪吹奏楽のフルートの譜面は、連符がいっぱいあります。こんな連符ばっかりの譜面をこなすには、常日頃からの練習も大切。
  鎌吹のフルートの人たちも、合奏でのテンポについていくためにも、陰で一生懸命努力しているみたいです。

 《結論》 鎌吹のフルートパートは、優しくて・芯が強くて・努力家な人々の集まりのようです。いいところばっかりですね〜。

◎フルートの兄弟、ピッコロについて
  〜フルートとは、何もかもが正反対の楽器なんです〜
 
 ♪とっても目立つのに、色々とシビアな面が多いのがピッコロ。強い気持ちと協調性が、ピッコリストには必要です。
 
 ♪でも、大変なことばかりではありません。楽器が小さいから、ブレスも楽だし、指も回るよ。

 ♪ピッコロの得意なことは、やっぱりマーチ。フルートで吹くマーチは疲れるけど、ピッコロは楽しいです。

 ♪クラシックからの編曲の作品では、高音域でのピアニッシモのロングトーンが頻出。毎回毎回、苦しめられています。
 
◎2011年のフルートパートの状況について、お話しします。入団希望者は見てね☆
 
 ♪メンバーは、男性2名と女性3名の5名で、年齢の幅も広いパートです。メンバーの楽器経験も様々で、鎌吹で吹奏楽を
   始めた人もいれば、吹奏楽歴20年の人もいます。

 ♪パートは、穏やかな雰囲気です。音楽面では、楽しく・真摯に取り組んでいます。

 ♪ピッコロは、団所有の楽器もあるので安心。楽器がないけど、ピッコロが好きな人も大丈夫です。
  ピッコロが好きではない人には、無理に押しつけることはしない予定です。

 ♪必要がある場合は、メンバーで都合を合わせて、パート練習を行っています。互いに意見を出し合いながら、行っています。

 ♪12月のアンサンブルコンサートでは、毎年パートの有志を中心としたメンバーでグループを作り、過去4回参加しています。
   昨年度は、ボザの「夏山の一日」を演奏しました。今年は、ジブリを演奏する予定です。